株式とは

お金のキホン

株式とは、株式会社が出資してもらった人に発行する証券のことなんだ。

企業が事業を行うためには資金が必要だね。株式の発行は、その資金を集める手段の一つなんだ。

どんな企業にでも出資できるわけではないわよね?

株式が証券取引所に上場(公開)していれば、証券会社を通じて購入することができるけれど、上場していない(非公開)株は一部の人しか売買できないから購入するのは難しいんだ。

企業に出資し株式を受け取った人を株主といって、その企業に対して様々な権利を持つことになるんだ。

どんな権利があるの?

株主の主な権利は次の3つだ。

1.株主総会に出席し、意見を言ったり会社の重要な経営方針などを決める決議に参加したりする権利

2.配当金や株主優待など利益の分配を受け取る権利

3.会社が解散したときに残った会社の資産を分配して受け取る権利

お気に入りの企業に出資して、意見を言ったり決議に参加できたりしたらおもしろそうね。それに株主優待にも興味があるわ。

企業が成長して株式の価値が上がったときには、その株式を売却して利益を得ることができるんだ。

逆に値下がりして損をすることもあるんだ。株価は様々な理由で上がったり下がったりする不確実なものであることを忘れてはいけないね。

前回の「投資のリスク」ね!

利益を得られるかもしれないし、損失が出るかもしれないということだったわね。

株式を買うには、証券会社を通じて、証券取引所の市場に売買注文を出すんだ。だから取引を行うために証券会社に口座を開設することが必要なんだ。

最近はネットでも簡単に口座を開設できるって聞いたわ。

ネット証券ならオンラインで口座開設や取引を完結できるし、取引手数料が安く、高機能な取引ツールが充実しているからおすすめだよ。

証券会社に口座を開設し、口座に入金したら取引開始だ。

株式投資で利益を得るには「安く買って高く売る」ことが基本になるよ。

投資しようとする企業の株が今後値上がりするかどうかを見極めて銘柄を選ぶことが大事なんだ。

今後値上がりしそうな企業の株を安いときに買うってことね。

銘柄が決まったら注文を出そう。

出した注文で成立すれば株式を購入できて株主になれるんだ。

 

 

0