投資のリスクとは?

お金のキホン

投資のリスクってどんなものだと思う?

一般的にリスクは「危険」ととらえる場合が多いんじゃないかしら?

一般的にはそうかもしれないね。

そもそも私たちは値上がりしてお金が増えることを期待して投資するけれど、値下がりして損をすることもあるよね。

投資の世界でリスクとは、そういった「不確実性」を意味するんだ。

「リスクが大きい」なんて言うけど、それはどういうことなの?

リスクが大きいというのは、大きく収益が得られるかもしれないし、大きく損失が出るかもしれないということだね。

逆にリスクが小さいというのは、大きな収益は得られないが、大きな損失も出ないということなんだ。

つまり収益(リターン)の変動幅が大きいことを「リスクが大きい」、変動幅が小さいことを「リスクが小さい」というんだ。

投資には主に5つのリスクがあるんだ。

1つ目は価格変動リスクだよ。

これは株式や投資信託など投資した金融商品の価格が変動することで投資資産の価値が変動する可能性があるというリスクなんだ。

価格が下がれば換金する際の受取金額が投資した金額より下回る場合があるんだ。

2つ目は為替変動リスクだよ。

円と外国通貨の交換レートは常に変動していて、外貨建の資産に投資する場合には為替変動の影響を受けるんだ。

外貨建資産の外貨ベースの価格が同じでも、円安になれば為替差益を受けられるけれど、円高になれば為替差損を被ってしまうんだ。

3つ目は金利変動リスクだよ。

これは金利の変動が、債券の価格に影響を及ぼすリスクのことをいうよ。

一般的に金利が上昇した場合には、債券の価格は下落し、債券を投資対象としている投資信託の基準価額はマイナスの影響を受けるんだ。

反対に金利が低下した場合、債券の価格は上昇する傾向があるんだ。

4つ目は信用リスクだよ。

これは有価証券の発行体(国や企業など)の経済情勢や財政状態に関わるリスクのことなんだ。

株式投資では、投資した企業が倒産してしまう可能性があるんだ。

債券投資では、発行体の経営不振や財政難などの理由により、分配金や償還金があらかじめ決められた条件で支払うことができなくなる可能性があるんだ。

5つ目はカントリーリスクだよ。

投資対象の国や地域において、政治・経済の情勢の変化によって証券市場や為替市場に混乱が生じた場合、または新たな取引規制ができた場合などに、それらの国や地域に投資した資産の価値が変動する可能性があるんだ。

投資のリスクについては

知っておきたい、資産形成における「リスク」とのつき合い方

も併せてお読みください。

 

 

 

1+