本当は怖い「リボ払い」気軽に利用していない?

家計/ライフスタイル

イキイキ家 妹と婚約者の会話

じつは友達が毎月の支払いが楽になるからってクレジットカードの支払いをリボ払いにしているんだ。

リボ払いは、単純な分割払いと違うってちゃんと知っているのかしら?

もしかすると理解していないかもしれない。

リボ払いの仕組みを教えてあげた方がいいかもしれないね。

 

クレジットカードでショッピングをする際に、通常の支払いのほか、「リボ払い」を選択することも可能です。最近ではクレジット会社のテレビCMやキャンペーンなど推奨される機会も多く、しくみを知らずに利用するケースが散見されます。毎月一定の支払額に設定することで、高額な商品でも、複数の商品で支払いが重複しても、購入できてしまうことが「負のスパイラル」に陥る原因といえます。実はよく知らない「リボ払い」について考えてみましょう。

 

リボ払いって? 分割払いと違うの?

 

支払回数をあらかじめ決めたうえで、購入額に応じて毎月支払う分割払いは、購入額が大きくなると返済額も増えますが、ゴールに向けた資金計画が可能です。いっぽう、「リボ払い」は、毎月の支払額は一定であるものの支払回数は決まっていません。

いずれにしても、購入時にクレジット会社が立て替えてくれているため、借入れであり、月々の支払時には利息とともに返済する必要があります。

 

リボ払いは意外と怖いということを知っていますか?気軽に利用してしまうと大変なことになりかねません。リボ払いが怖い理由の一つは、「利息の発生」です。

 

金利はクレジット会社および個人の利用枠などで異なりますが、15%程度が相場のようです。残債(元本+利息)に対してさらに利息が発生するために、いつまで経っても返済が終わらず、予想以上に支払総額も増加するという状況に陥ります。

 

ただ、リボ払いの場合は、毎月の返済額が低く抑えられているために、月収支として実感なく、返済額が増えていることを認識しにくいという点でも注意が必要です

 

返済期間がどんどん延びていく~いつまで経っても終わらないリスク

 

リボ払いは、一度の借り入れで、月々返済していくのであれば、いずれ返済は終わるでしょう。

もちろん、金利を考慮すると支払総額は大きくなりますが、それほどリスクはありません。

ただし、問題は、リボ払いにリボ払いをどんどん重ねていってしまう場合です。

借入額(原本)と金利分が膨れ上がっていくために、まさにリボ地獄に陥るとも言えるでしょう。

 

現状を把握しにくい

 

リボ払いは、分割払いなどに比べると、とても現状を把握しにくい支払い方法かもしれません。これまでにどのくらい支払って、どのくらいの借り入れがあるのかについて、クレジットカード会社の明細を見なければわかりません。その月の請求額のみを見るという人も多いでしょう。

また、毎月返済しているという実績(実感)は残りますので、減っているだろうという安易な気持ちになってしまいやすいのです。

毎月返済しているつもりが、実は借金が増えていて、驚くといった人もいます。

 

分割のつもりがリボ払い

 

手元資金がなくても高額商品の購入ができ、月々の支払額の負担も少ないリボ払いは、便利で手軽な手段です。

貸付をするクレジットカード会社にとって、少額でも返済が継続されるため貸し倒れリスクは小さく、高金利での利息収入は、魅力的なため、キャンペーンや推奨をおこなっているのです。

 

そのため、知らず知らずのうちにリボ払いを選択しているようなケースやオトクなポイントが付与されるようなキャンペーンにエントリーしているケースもありますので、こちらも注意する必要があるでしょう。

一度利用して、その手軽さに、はまっていくというパターンも多いのが現状です。

 

リボ払いは便利だからこそ気をつけたい

 

お金を借りることは、決して悪いことではありません。タイミングや将来への投資として、必要な場合もあるでしょう。ただし、返済に追われ、なんのために収入を得ているのか、総支払額はどうなのかについて考え、お金をコントロールする力を養いたいものです。

うまく使いこなすことができれば、生活を豊かにしてくれるものでしょう。

何よりも、しくみや金利を知ることで、認識することが大切です。

 

0