年会費無料のクレジットカードオススメ5選

家計/ライフスタイル

イキイキ家 妹と婚約者の会話

これから家計の管理はクレジットカードにしようと思うけど、毎年の年会費負担もあるわよね。

年会費無料のカードもあるから調べてみたら?

これを機会にカードを切り替えてもいいかもしれないね!

 

キャッシュレス決済が進む今、クレジットカードを利用する人も少なくないでしょう。ただ、クレジットカードは年会費がかかる点を気にする方もいるのではないでしょうか。そんなとき、注目されるのが年会費無料のクレジットカードです。年会費ありのカードと同じように使うことができ、カード独自のサービスや特典なども付いてくるのでお得です。

そこで今回は、年会費無料のクレジットカードのうち、特典となるサービスやポイント還元率に特徴のあるものをご紹介します。

 

三井住友カード ナンバーレス

 

カード番号が印字されていないので、盗み見をされることはありません。カード番号や利用履歴などは、Vpassアプリを使ってスマホで確認できます。大きな特徴は、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドでタッチ決済をすると、Vポイントが通常の5倍付く点です。ポイント還元率は通常は0.5%、使い方次第で5%までアップします。

 

楽天カード

 

新規に入会して利用すると、まとまったポイントがもらえる点と、楽天市場や楽天トラベルなど楽天関連の店舗やサービスを利用するとポイントが貯まりやすい点が大きな特徴といえるでしょう。また、買い物などでポイントが使いやすく、ANAマイレージなどにも交換できます。ポイント還元率は通常1%で、利用のしかたによっては3%までアップします。

 

dカード

 

ドコモの携帯電話などの通信料が割引になるので、ドコモユーザーならぜひ持っておきたいカードです。とはいえ、ドコモユーザーでなくても、貯まったdポイントは加盟店や特約店での買い物で使えるので、十分にメリットはあります。ポイント還元率は通常は1%ですが、dカード特約店で買い物をすれば、最大5%までポイントが付く場合もあります。

 

イオンカードセレクト

 

これは、イオンカードとイオン銀行のキャッシュカードが一体化したカードです。このカードの特徴は、イオン銀行の普通預金金利がステージによって最大年利0.10%までアップするところです。また、毎月20日と30日はお客様感謝デーで、イオンで買い物をすると5%オフになります。ポイント還元率は0.5%ですが、対象店舗で買い物をすると1%に上がります。

 

リクルートカード

 

クレジットカードで注目される点の1つにポイント還元率があります。リクルートカードは他のカードに比べるとポイント還元率が高く、通常で1.2%も付く点が大きな特徴です。ポンパレモールやじゃらんなどリクルート関連のネットサービスを利用するとさらに還元率がアップします。貯まったポイントはPontaポイントやdポイントにも交換できます。

 

まとめ

 

年会費無料のクレジットカードは、利用する店舗によってポイントが通常よりも多く付いたり、割引サービスを受けられたりと、お得な場面も多く利用しやすいのではないでしょうか。利用するクレジットカードは、よく買い物をする店舗でお得な特典を受けられるものを選ぶとよいでしょう。そして、特典が欲しいからと必要以上に使わないよう注意しながら、利用明細を必ず確認し、利用額をしっかりと管理しながら上手に使いこなすことをおすすめします。

 

 

0