人気上昇中の挙式スタイル!人前式ってなに?

家計/ライフスタイル

ワクワク家妻と妹の会話

おねえちゃん、人前式って結婚式知ってる?

きいたことないわね。

今までの形にこだわらない自由な結婚式みたいなの。私にぴったりかもしれない!!

 

人生において一大イベントの一つなのが結婚式です。

結婚式と聞いて、新婦が父親とバージンロードを歩く「教会式」をイメージする人も多いかもしれません。

しかし、そんな結婚式のスタイルが近年変わりつつあります。近頃人気を集めているのが「人前式」というスタイルです。

この記事では、人前式はどういうものなのか、詳しくみていきます。

 

人前式の挙式スタイルとは

 

人前式とは宗教に関係なく、招待した親族や友人など大切なゲストを立会人とし、結婚の誓いを立て承認してもらう挙式スタイルです。

型式や格式にとらわれず、自由なスタイルでできるため、オリジナリティに溢れた結婚式にすることが可能です。

 

それでは、人前式の特徴と事前準備と当日の流れに分けてご紹介します。

 

<事前準備>

・場所

実施する場所に決まりはなく、教会や結婚式場、レストランなど2人の思い出の場所などを選ぶこともできます。

 

・衣装

新郎新婦の衣装にも決まりがないため、ウエディングドレスや和装、好きなものを選べます。

 

<式の流れ>

 

・新郎新婦の入場

入場スタイルは自由です。

新郎新婦が一緒に入場することや、新婦が両親と3人で入場することも可能です。

 

・誓約(誓いの言葉)

挙式における重要場面です。

こちらも自由に考えることができます。

入れたい言葉やこだわりを反映させた、オリジナルな誓いの演出が可能です。

それぞれの決意を発表したり、結婚後の二人の約束を発表したり、考える時間も楽しいかもしれませんね。

 

・指輪交換

婚姻の印として指輪交換をします。

こちらも自由ですので、ゲスト参加型、リングボーイやリングガール、ペットに指輪も運んでもらうなどの演出をすることもできます。

 

・結婚証明書のサイン

新郎新婦と証人(もしくは司会者)が署名を行うことが一般的ですが、親戚やゲスト全員から署名をもらうことも可能です。

さらに結婚証明書をドライフラワーのボードにするなど手作りで作成することも可能です。

 

・ゲストからの結婚の承認

人前式のオリジナリティを最も出せる場面の一つです。

署名をした結婚証明書のゲストへのお披露目や、ゲストからの拍手やクラッカー、ベルを鳴らして結婚の承認を表現してもらうなどの演出をすることができます。

 

・退場

ゲストからの拍手やフラワーシャワー、アーチを作ってもらって退場するなど様々な演出を盛り込めます。

 

人前式のメリット・デメリット

 

近年人気が高まっているのには理由があります。メリットとデメリットを確認して自分に合っているのか確認してみましょう。

 

・メリット

人前式のメリットは、なんと言っても自由度が高く形式や格式にこだわらず、2人らしさに溢れた式にできることです。

会場の決まりがないため2人の思い出の場所を選択することもできます。

また、式自体も決まった流れなどがあるわけでなないため、ゲスト参加型の演出を入れることでゲスト全員が一体となったアットホームな結婚式をすることができます。

 

さらに費用を抑えることも可能です。

決まった式の流れがないため、メインとなる誓約書などのアイテムを揃える必要はありますが、それ以外の演出やセットをカットすることで、費用を抑えることができます。

 

・デメリット

一方デメリットは、教会式などに比べ新しいス結婚式のタイルのため、親世代や年配の人たちからの認知度が低く賛同が得られにくいかもしれません。事前に人前式について、よく話し合い、理解を得ておくといいでしょう。

さらに自由であることがかえって、自分たちで演出や構成など全てを決めることが負担に感じる可能性や厳格なセレモニー感が薄まってしまう可能性もあります。

 

人前式はどんな人にむいている?

 

人前式は上記の通り、形式や格式にとらわれず自由な演出が可能なため、自分たちで色々と演出を考えたり、思い出に残るオリジナルの挙式を挙げたりしたいという方には向いていると言えます。

さらに、お金はないけど挙式だけはあげたいなど費用を抑えたい事情がある方にも向いていると言えます。

 

人前式にかかる費用

 

ゼクシィトレンド調査によると、人前式の平均費用は首都圏で34.9万円となっており、首都圏を例にとると教会式の42.8万円と神前式の28.5万円の中間に位置しています。

人前式の費用は決まった形がないゆえに場所や演出によって異なり、費用の幅は10万円未満から50万円以上と広く、会場や演出にこだわると費用が高くなることが特徴です。

以下は、挙式全体の平均と教会式、人前式、神前式それぞれの費用における人数の割合を比較した表です。

人前式は、挙式費用を20万円以内で収めている割合が平均よりも多く、反対に20万円以上かけている割合は挙式の平均相場の割合よりも少ないことがわかります。

30万円以内に収めている割合が67.6%を占めているので、ざっくりとであれば30万円程度見ておくといいでしょう。

 

※ゼクシィ結婚トレンド調査2020(首都圏)を元に筆者作成

 

まとめ

 

挙式の人気スタイルも時代とともに変化していきます。比較的新しい人前式は、形に縛られず2人のオリジナルの式を挙げることができるため人気を集めています。

気になる方は、人前式が可能なチャペルなどにはプランナーさんがいることもあるので、相談しながら一緒に決めるのもいいでしょう。

 

 

シンデレラマリッジラボ

0