スマホ決済の仕組みについて簡単解説

家計/ライフスタイル

イケイ家 夫婦の会話

スマホ決済って本当便利よね。

財布を持たなくても買い物できるし、あっという間に会計が終わるから楽でいいよね。

使った履歴も見られるからいくら使ったかの管理もできるものね。

 

手軽に買い物ができたり、買い物の度にポイントが還元されたりと多くの魅力があることからスマホ決済アプリを利用する人が増えています。

今後もますます需要が高まると思われますが、現在多くのスマホ決済アプリがあるため、どれが良いのかわからないと悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、スマホ決済の種類やお金の流れのほかにもおすすめのスマホ決済アプリについて詳しく解説します。

 

スマホ決済の種類

 

スマホ決済とは、買い物のときに現金で支払うのではなくスマホを利用して支払いを完了させる方法です。

事前にスマホ決済のアプリをインストールしてしまえばお財布を持ち歩かなくてもショッピングを気軽に楽しめます。

現在、スマホ決済の種類は2種類あり、非接触型決済とQRコード決済に分けられます。

・非接触型決済(Apple Pay・おサイフケータイなど) 

スマホやICカードを専用の端末にかざし、無線通信で決する方法

事前に電子マネーやクレジットカードの情報を登録しておく必要がある。

  • Suica、PASMOなど交通系ICカード
  • Edy
  • nanaco、WAONなど電子マネー
  • QUICPayなど

 

・QRコード決済(PayPay・LINE pay・au PAY・楽天ペイ・d払いなど)

  • 店舗側がQRコードを用意して、顧客がスマホで読み取る方法
  • 顧客が自身のスマホにQRコードを表示し、店舗側読み取る方法

 

  • PayPay
  • LINE Pay
  • au PAY
  • 楽天ペイ
  • メルペイ

スマホ決済のお金の流れ

 

スマホ決済では会計とは別に、実際にお金が預金などから支払われるタイミングにより3つの方法があります。

 

  • 先払い

事前にスマホ決済アプリの中に現金をチャージしておく方法です。

事前にチャージしたお金から支払額が引き落とされる仕組みのため、チャージした金額以上に引き落とされる心配がないため安心です。

 

  • 即時払い

自身の銀行口座から即時に支払金額が引き落とされる方法です。

事前に口座内に必要額を入金しておかなければいけませんが、無駄遣いを防ぎながらスムーズに支払いが完了するといったメリットがあります。

 

  • 後払い

買い物した利用金額を後でまとめて支払う方法です。

アプリ内に登録しておいたクレジットカードから決まった日に引き落とされるため、支払期日までに利用金額分のお金を引き落とし口座に入金しておく必要があります。

おすすめのスマホ決済3選

 

現在、多くのスマホ決済アプリがあるので、自分に合ったものがどれなのかわからないと悩んでしまう方が多いかもしれません。

数多くあるスマホ決済アプリの中で使いやすいと評判なのがPayPayと楽天Pay、Apple Payです。

 

PayPayは、利用できる店舗が多いことが特徴です。クレジットカードや銀行引き落とし、セブン銀行ATMなど多くのチャージ方法が用意されているだけでなく0.5%~1.5%のポイント還元が付く使いやすいスマホ決済アプリです。

買い物のときにPayPayを利用するだけでオトクショッピングを楽しむことができます。

 

楽天Payは、楽天サービスを多く利用する方におすすめです。

楽天カードや楽天銀行のほか、ラクマからチャージすることができ、楽天ポイントを利用することも可能です。

頻繁に楽天で買い物をするという方は、楽天Payを使うとオトク利用することができるでしょう。

 

Apple Payは、QUICPayやiD、Suicaに対応しているお店ならどこでも使えるので、ショッピングのしやすさを実感できます。

Apple PayはクレジットカードやSuicaなど事前に登録することで利用できるようになりますが、気をつけなければならないのは「Apple Payという決済方法」はないということです。あくまで登録はできますが、決済のときはQUICPay、iD、Suicaなどで支払うことを伝えなければなりません。

クレジットカードやSuicaでも支払いはできますが、スマホの中に登録しておくことで、財布から取り出すことなく支払いが完了するので便利に使うことができます。

まとめ

 

スマホ決済サービスは、面倒なレジでのお支払いをスムーズにしてくれるだけでなくポイントなどを獲得できるので、オトクにショッピングを楽しめるのもメリットです。

また、スマホさえあれば、お財布を持たなくても気軽に買い物をすることができます。しかし、現金のように使ったという感覚が薄れるため、履歴の確認などをしてしっかりと確認するようにしましょう。

 

 

0