今さら聞けない「スマホ決済」のメリット・デメリット

家計/ライフスタイル

イキイキ家妹とワクワク家妻の会話

最近どこでもスマホ決済ができるようになっているけど、お姉ちゃん使ってる?

いくつか使ってるよ。お財布出さなくていいから会計がスムーズで楽だよ

便利なことはわかるけど、何を使ったらいいのか迷ってしまって

たくさんあるから、それぞれの特徴を知ることから始めてみたら?

 

PayPayやLINE Pay、d払いなどスマホを使った決済システムを使う人が増えていいます。しかし、何が違って、何を選んだらいいのか迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。

そこで今回はスマホ決済のメリット・デメリット、アプリ選びのポイントなどについて解説していきます。スマホ決済を利用しようかどうか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

 

近年増加しているスマホ決済とは?

 

近年、急激に利用者が増えているスマホ決済ですが、実はどんなものなのかよくわかっていないという方も多いかもしれません。

スマホ決済というのはその名前の通り、スマホを使ったキャッシュレス決済方法のことです。

あらかじめ手持ちのスマホにインストールしておいたアプリを使うことで、現金を出すことなくレストランでの食事やお店での買い物ができるようになります。

 

このスマホ決済は、大きく分けると、非接触IC決済とQRコード決済の2種類があります。

非接触IC決済は、NFC、FeliCa、Bluetoothなどあらかじめスマホに搭載されている技術を使ったタッチ決済のことです。

お持ちのクレジットカード、デビットカード、電子マネーなどを登録しておくことで、代金の支払いの際に、お店の端末にスマホをかざすだけで決済を行うことができます。

 

一方QRコード決済は、QRコードやバーコードをスマホに表示させておき、それをお店の端末で読み取ってもらうことで決済ができる方法です。

もしくは、お店側が用意したQRコードやバーコードをスマホで読み取ることでも決済可能です。

 

スマホ決済のメリットとデメリット

 

スマホ決済のメリットは、現金を持ち歩かなくても支払いができることです。

銀行やATMでお金を引き出す手間や時間を気にする必要もなく、お財布を持たずに外出もできるようになります。

また、ポイント還元を活用することで現金よりもお得に買い物ができるのもスマホ決済のメリットです。

上限額の設定や支払い履歴の確認によりお金をコントロールできる効果もあります。

 

スマホ決済のデメリットは、スマホが使える状況でないと利用できないことです。

バッテリー切れや通信環境が整っていない場所だと決済ができなくなってしまうので、お持ちの端末のバッテリー状況などは常に確認しておかなくてはなりません。

 

また、利用できる店舗が限られているのもデメリットです。

今後はスマホ決済を導入する企業やお店が増えると予想されますので、少し時間が経てば、どこにいても気軽に使いやすい環境になっていくことでしょう。

スマホ決済アプリを選ぶポイントは?

 

スマホ向けの決済アプリの種類は多く、新しいものも次々に登場するためどれを選んだら良いのか悩んでしまう方も多いことでしょう。

スマホ決済アプリを選ぶ際には、自分がいつも利用しているお店で使えるかどうかで判断するのがおすすめです。

 

また、アプリを選ぶ際には、決済手段についても確認しておいたほうが良いでしょう。

クレジットカードを持っていない人だと、使えない決済アプリなどもありますので、インストール前に調べておいてください。

まとめ

 

スマホ決済は現金を持ち歩く必要もなく、ポイント還元も受けられるなど、多くのメリットがあります。

専用のアプリもいろいろなものがありますので、普段利用しているお店で使えそうなものを選んでみるといいでしょう。

 

 

 

☆この記事を書いたのは...

 

      

黒須かおり 

ファイナンシャル・プランナー CFP® FPラポール株式会社代表取締役

 

一生涯を見守るFPとして、女性を中心に将来に向けての働き方、資産形成、資産運用などmoneyとキャリアのコンサルティングを行う。

延べ3,000人が参加したマネーセミナーでの講師や、企業研修、国や行政などでのセミナー講師なども務める。30代40代女性やファミリーなどを中心に個別相談をおこなうかたわら金融機関でのお客様の資産運用アドバイザーとしても活動経験あり。年間50本以上メディアへの執筆も行う。

2+