公的年金制度とは?

お金のキホン

日本には年金制度があるのは知っているね?

私は会社員だから厚生年金に加入しているわ。

日本の年金制度は強制加入の制度なんだ。

日本国内に住んでいる20歳以上60歳未満の人はすべて国民年金(基礎年金)に加入しなければならないんだ。

厚生年金に加入している私も国民年金に加入しているということ?

そうだよ。

国民年金には働き方の違いで第1号から第3号までの被保険者区分があるんだ。

国民年金の第1号被保険者と第3号被保険者は国民年金だけに、第2号被保険者は国民年金と厚生年金に加入するんだ。

国民年金の毎月の年金保険料は定額で令和2年度では16,540円。

ただし、第3号被保険者は、国民年金保険料を払うことなく保険料納付済期間とすることができるんだ。

第3号被保険者は、厚生年金の被保険者に扶養されている配偶者で、専業主婦や年間収入が130万円未満の人をいうよ。

お兄ちゃんの奥さんは扶養内で働いているから第3号被保険者ね。

そうだね。

年金の支給開始年齢は65歳で、納付した期間に応じて給付額が決まるんだ。

年金保険料の未納期間があるともらえる年金額が減ってしまうのよね?

20歳から60歳の40年間すべて保険料を納付していれば、月額約6.5万円(令和2年度)だけど、未納期間があるとその分年金額は減ってしまうよ。

将来のために毎月欠かさず納付し続けることが大事ということね。

国民年金についてわかったかな?

次は厚生年金だよ。

厚生年金は会社員や公務員が加入する年金制度なんだ。

厚生年金の保険料は月ごとの給料に対して定率になっていて(令和元年度末現在で18.3%)、実際の保険料は個人の収入によって異なるんだ。

国民年金は年金保険料が決まっているけれど、厚生年金は収入によって年金保険料が異なるということね。

年金保険料が異なるから、受け取る年金の金額は、働いていたときの給料と加入期間によって決まるんだ。

厚生年金は会社が保険料の半額を負担しているから、実際に支払う金額は半分の金額になるんだ。

会社員は国民年金にも加入しているから国民年金と厚生年金の両方を受け取ることができるんだよ。

両方受け取ることができるなんて嬉しいわね。

 

0