単利と複利

お金のキホン

「単利」と「複利」の違いって知ってる?

銀行にお金を預けるときなんかに目にするけど、違いがよくわからないわ。

預けた元本のみに利息がつくものを「単利」元本+利息に利息がつくのを「複利」というんだ。

100万円を金利5%で預けたとして、単利と複利の違いを比較してみよう。

【100万円を年利5%の単利で預けた場合】

1年間の利息は5万円だね。

単利の場合、2年目以降もずっと1年間の利息は5万円なんだ。

単利はずっと利息の金額が変わらないんだね。

次に【100万円を年利5%の複利で預けた場合】

1年間の利息は5万円だね。

複利の場合、2年目の元本は100万円+1年目の利息の5万円で「105万円」となり、2年目の利息は5万2500円になるんだ。

 

複利は利息にも利息がつくからどんどん増えていくということね。

そうなんだ。

単利と比べて、2年目の利息を受け取った時点ですでに差が出ているのがわかるね?

今度は元本500万円、年利2%で30年の預け入れとして比較してみよう。

【単利】 500万円 + 利息300万円 = 800万円

【複利】 500万円 + 利息405万6,808円 = 905万6,808円

長期で見れば、複利は元本が毎年増えていくから、利息分もどんどん大きくなるということなんだ。

なるほど、複利が断然オトクね!

 

 

0