投資一任型のロボアド4社の比較

資産形成/資産運用

イケイ家 夫婦の会話

最近ロボアドが気になっているの。でも複数あってどれがいいのかわからないの。

ロボアドは、目的によって2種類あるよ。

ロボアドは、目的によって2種類あるよ。

 

最近、少額からでも始められる投資信託が注目されています。しかしながら、「投資を勉強する時間がない」「投資はどうしても怖い」などと感じており、なかなか投資を始めることができない方も多いのではないでしょうか。

そこで、これまで投資未経験の方でも簡単に始めることができる「ロボアド(ロボアドバイザー)」についてご紹介します。

 

ロボアドとは~タイプは2種類

 

ロボアド(ロボアドバイザー)とは、AIが資産運用のアドバイスや運用の手伝いをしてくれるサービスで、主に「アドバイス型(助言型)」と「投資一任型」の2つに分けることができます。

 

アドバイス型(助言型)

ユーザー(投資家)はいくつかの質問に回答することで、AIがリスク許容度を診断します。ロボアドバイザーは、その人にあった最適な資産の組み合わせ(配分)を提案してくれます。

ユーザーはそのアドバイスに基づき運用を行い、途中で資産配分を変更する場合も自身で行います。

ロボアドはあくまでも投資のアドバイス(助言)をしてくれるだけですので、最終的な投資先などの判断はユーザーが行います。

 

■投資一任型

助言型のリスク許容度の診断と最適な資産の組み合わせの提案に加え、投資を行う際の運用や資産配分の変更などもすべてロボアドバイザーに任せることができます。運用資金を入金するだけで、最適な資産配分で自動買付けが行われます。

さらに、追加投資や一部売却をした際も取引後の資産配分が最適になるように、ロボアドバイザーが売買する銘柄や口数を選定してくれます。

 

ロボアドのメリット・デメリット

 

資産配分や金融商品の選定、運用や資産配分の最適化などを自動で行うロボアドは、投資の知識がなくても始められメリットが多いようですが、実際はどうなのでしょう。ロボアドのメリットとデメリットをまとめていきます。

 

■メリット

・少額から投資を始められる

・投資の知識がなくても始められる

・手間がかからない

・感情に左右されずに資産運用できる

・最適な資産配分を決めてくれる

 

■デメリット

・運用コストがかかる

・投資経験を積むことが難しい

・短期での利益は見込みにくい

・元本割れのリスクがある

 

このようにロボアドバイザーにもメリットだけでなくデメリットもあります。AI技術の進歩により膨大なデータによる分析や解析は強みかもしれません。ただし、投資額や期間は、家族構成や生活スタイルにより学費や老後資金など目標額や年収など各家庭で異なります。直感やそれぞれの価値観もふまえて、現在の家計に無理のない範囲で行うことが大切です。

 

代表的な4つのロボアドの特徴比較

 

ロボアドバイザーのサービスを出している会社はいくつかあります。

今回はその中でも代表的な4つの特徴を以下の表にまとめました。

 

 

■WealthNavi

預かり資産は、2021年9月現在、5500億円、28万人が利用中であり、スマホひとつで積立て、買付、管理ができます。画面も見やすく、使い勝手が良いと評判。分配金の受け取りやリバランスなどに生じる税金について自動的に最適化するDeTAX(デタックス)機能もあります。

 

■THEO

世界のETFを最大30種類以上組み合わせて、リスクを抑えた投資を行うことができます。THEO Color Paletteという 運用金額に応じたカラー(色)による手数料割引システムは、他のロボアドが概ね1%に対し、最大0.65%となります。

 

■楽ラップ

2016年のサービス開始以来、40代を中心に5万人が利用中。楽天証券に口座があれば、専用口座を開設せず簡単に申し込みが可能。

株式市場の値動きが大きい状況が続いた場合に運用中の価格変動を抑える「下落ショック軽減機能(DRC機能)」を選択することで自動的に債券の配分を増やします。

 

■フォリオ

2020年1月からサービススタート。相場を先読みする40以上のマーケットデータの活用は、より幅広く深く正確に分析し、パフォーマンスの最大化をめざします。

 

各社運用手数料や投資対象などが異なりますので、詳細は公式サイトをご覧ください。

 

まとめ

 

ロボアドバイザーの特徴および代表的な4社についてご紹介しました。

ロボアドバイザーに任せると楽な一方で、投資の知識や経験が積めないというデメリットもあります。投資の基本的な知識をつけつつ、NISAなど制度の非課税枠を利用したプランから始めるのもオススメです。

投資をまだ始めていないのであれば、まずは家計の現状分析をすることで投資に回せる資金を確保したいものです。長い人生の中で、上手くいくことも、上手くいかないこともあるでしょう。その時々の最善と思われることを、リスク対策の選択肢をもちながら、少しずつ投資を始めてみてはいかがでしょうか。

 

0