投資を始めるならどこで始める?SBI証券編

資産形成/資産運用

ワクワク家妻とイケイ家妻の会話

最近投資信託に興味があって始めてみようと思うけど、証券会社はどこにすればいい?

基本的には、使い勝手のいいネット証券がいいと思うよ。

 

昨今投資に興味を持ち始める人も増えてきました。投資を始めるにあたって、初めに証券会社に口座を開設します。

しかし、どの証券会社を選べばいいのかわからないという方も多いと思います。最近では、スマホで口座開設ができ、取引もできるネット証券が人気を集めています。

今回はネット証券の中でも特に人気を集めているSBI証券の特徴と口座開設方法について解説します。

 

SBI証券の特徴

 

ネット証券の中でも総合口座開設数のトップを争うのがSBI証券です。SBI証券の魅力は「約定手数料の安さ」と「取扱商品の豊富さ」にあります。

 

1.約定手数料

約定手数料は証券会社の利益となる手数料です。ですから取引をする私たちにとっては安いことがメリットになります。

SBI証券は、1日ごとに手数料が発生するアクティブプランと1約定ごとに手数料が発生するスタンダードプランの2種類があります。

 

・アクティブプラン

1日の約定金額が100万円以下の場合、手数料が0円のため比較的少額で取引をするユーザーに向いています。

また、100万円〜200万円の取引では1162円、それ以降は取引額が100万円増えるごとに440円の追加手数料が発生します。

 

・スタンダードプラン

1回あたりの取引金額が50万円以下の場合、手数料が50円かかります。

 

これらの手数料は業界内でも安く、SBI証券で取引をするメリットといえます。

 

2.取扱商品の豊富さ

取扱商品は証券会社ごとに異なりますので、商品が多いほど、自分の好みや投資スタイルに合ったものを選択することが可能です。

 

SBI証券は取扱商品が多いため、投資スタイルに合わせて商品を選択できることが特徴です。

 

SBI証券では、ネット証券の中で最多の9カ国の外国株式を取り扱っており、投資信託では、日本国内だけでなく、先進国や新興国、株式や債券など約2500本以上取り扱っています。さらに海外株式も取り扱っており、海外にも投資したい人には向いています。

 

口座開設に必要な書類

 

証券口座を開設するためには、本人確認するための書類や金融機関との口座連携のためにいくつか書類が必要となります。

スマホで口座を開設する場合、書類が揃っていれば最短で翌営業日から取引を開始することができますので、あらかじめ手元に用意しておきましょう。

 

スマートフォンを使った口座開設の場合

 

【必要書類】

①〜③のいずれかが必要となります。

① マイナンバーカード

② 通知カード+運転免許証

③ 通知カード+本人確認書類×2種類

 

※本人確認書類

・運転免許証

・運転経歴証明書

・住民基本台帳カード(写真付き)

・パスポート

・住民票の写し

・年金手帳

・健康保険証

・印鑑証明書

 

③の方法ですと、審査終了後に証券会社より送られる書類を受領したら取引を開始することができます。

 

口座開設方法

 

step1 口座開設申し込み

SBI証券の公式サイトから申し込みが可能です。

公式サイトトップの左上にある「はじめての方へ」をクリックすると「口座開設はこちら」というボタンが出てくるのでクリックします。

 

 

 

 

メールアドレスを登録後、氏名・住所などのお客様情報を入力し、規約の確認をします。

その後、口座開設方法を選択しますが、必要書類の①マイナンバーカードか②通知カード+運転免許証がある方は「ネットで口座開設」がオススメです。

その後、ユーザーネームとログインパスワードが発行されます。

 

Step2 本人確認書類の提出

発行されたユーザーネームとログインパスワードでログイン後、必要書類を証券会社に提出します。

マイナンバーと運転免許証の組み合わせであれば、最短で翌営業日から取引が可能です。

 

Step3 初期設定

取引開始までに必要な設定です。

連絡先・職業・勤め先・世帯主・振込先金融機関の設定を行います。

その後、アクティブプラン・スタンダードプランの選択と配当金の受領方法の選択を行います。

 

Step4 口座開設完了通知の受け取り

受け取り方法はメールと郵送から選択が可能です。

 

・メール

申し込み時のメールアドレス宛に、取引の際に必要なパスワードの設定ページへのリンクが送付されます。

送付されたリンクより、パスワードを設定後取引が可能です。

 

・郵送

登録した住所宛に取引パスワードが記載された郵便が来ますので、受領後取引可能です。

 

まとめ

 

投資を始めるにはまず証券会社の口座が必要です。

SBI証券は手数料が安く取扱商品数が多いため、口座開設をすることをおすすめします。

投資を始めたいと思っても証券口座がないと、取引することができません。口座開設には手数料はかからないので、早めに開設しておくといいでしょう。

 

 

0