シングルマザーでも住宅ローンを借りられる?ローン審査が通るポイント

住宅

ワクワク家妻と凛ちゃんの会話

家の購入を考えてるんでしょう?

今すぐにではないけど、いずれ自分の家は欲しいと思っているわよ。

私も子どもと一緒に住める家を買えたらいいなって思っているけど、シングルマザーに銀行は厳しいって聞くのよね。

 

シングルマザーは住宅ローンを組むのが難しいと言われていますが、借りることができないわけではありません。ここではシングルマザーが住宅ローンを利用するための条件、審査に通過するコツ、借りやすい金融機関などについて説明しています。

審査に通りやすい住宅ローンを活用し、理想のマイホーム生活を実現しましょう。

 

シングルマザーは住宅ローンの審査に通りにくい?

 

一人親家庭の中でも、母親が子育てをしている状態をシングルマザーと呼んでいます。

シングルマザーは家事や子育てに専念することはできず、生活するために働かなくてはなりません。しかし、朝早くから夜遅くまで働くのは難しいため、定時での退社を希望する人が少なくありません。

そうなれば高収入を得るのは難しく、それが住宅ローンの審査の収入の安定性にも影響します。

毎月必ず決まった収入があることは問題ないのですが、年間の収入金額が審査には大きく関係します。さらには、今後も継続し収入を得る見込みがあることも重要です。

しかし、シングルマザーであっても、バリバリのキャリアウーマンで平均給与以上に稼いでいるなら、住宅ローンの審査は問題ないかもしれません

 

住宅ローンを借りるために必要な年収はいくら?

 

住宅ローンを組むための必要な年収は、購入する物件の金額にもよりますが、一般的に年収400万円以上は必要だと言われています。

年収にしめる返済割合が、30%以下など無理のない範囲であれば住宅ローンを組むことはできるので、300万円代だからといって絶対に無理だと言うことではありません。

 

しかし、住宅を購入すると、ローンの支払いだけでなく、マンションであれば、管理費や積立修繕費、駐車場代は別にかかります。さらに、マンションでも戸建てでも火災保険や固定資産税はかかるので、そう言った費用全て含めて支払い割合が無理のない範囲であることが重要です。

 

一般的には、物件価格の5分の1から7分の1くらいの年収があれば住宅ローンの審査は問題ないでしょう。

 

住宅ローン審査のためのポイント

 

住宅ローンの審査には、安定かつ継続した収入と勤続年数が特にチェックされます。

転職を繰り返している人は、1年以上たってからの申し込みの方がよいかもしれません。

転職が決して悪いわけではありませんが、転職を繰り返していると、年収の減少や今後の返済が滞るのではないか、という金融機関の不安に繋がるため注意が必要です。

そのため、勤続年数が長い人の方が住宅ローンの審査には通りやすくなります。

シングルマザーであっても、勤続年数が長ければ審査に通りやすくなることもあります。

さらに、頭金を用意することなども大切です。頭金が多ければ、借入総額を少なくできるため、その分審査に通りやすくもなります。

 

住宅ローンに通りやすい金融機関

 

住宅ローンはどこの金融機関で申し込んだらいいのか、悩むところでしょう。給与振り込みをしているなどなんらかの取引がある銀行、口座を開設している銀行などは、住宅ローンの審査に通りやすい傾向があるようです。たとえ少しでも取引履歴があると、それが信用につながるからです。

また、信用金庫や信用組合などは地域密着の運営をしており、地域にお住まいの人を優遇してくれます。

ほかにも公的融資であるフラット35も融資を受けやすく、特に個人事業主が借りやすい傾向があります。

しかし、審査の難易度が高いのは大手都市銀行やネットバンクなどです。

利用者として使い勝手のいい、ネットバンクですが、借入に関しては勤続年数や年収などのハードルは高めです。

 

まとめ

 

年収が少ないシングルマザーは、住宅ローンを利用するのが難しいかもしれませんが、無理ではありません。物件の価格や頭金の金額にもよりますが、年収で300万円以上ある方であれば、審査にチャレンジしてみてもよいでしょう。

その上で、金融機関選びも住宅ローンを利用するうえで欠かせないポイントです。勤務先と取引のある金融機関や勤務先の株主であったりすると、多少のプラスになることもあるようです。シングルマザーの場合は特に、審査に通りやすい金融機関を選択することがポイントになります。

 

 

0